介護施設の導入例

導入イメージ

介護施設の導入について

介護サービス施設の利用者数、およそ850万人。
その暮らしを、細菌・ウイルスから守るために。

腸管出血性大腸菌O-157やノロウィルスなど、少数の菌でも感染・発症に至る感染型食中毒の集団発生が高齢者施設で多く見られます。
高齢者は基礎疾患を持ち、あるいは免疫力が低下している方が多く、どうしても感染の危険性が高くなることが否めません。
そこで、電解水。衣類やシーツの洗濯をはじめ、食器・食材、介護用具、来訪者・職員の手指洗浄まで、生活空間としての施設全体を電解水の衛生力がカバーします。しかも、既存の消毒液などのような「薬液」でないために高齢者施設でも安心して使用できます。

幼稚園の導入例

導入イメージ

幼稚園の導入について

園児でも簡単に洗浄・除菌
園全体を感染の危険性から守ります。

電解水は上手に手洗いができない園児でも、手を洗うことで簡単に洗浄・除菌できます。園児にも定着し安く、。二次感染防止ができます。
また除菌しづらい、玩具、備品、砂場の除菌・殺菌、保育園内の掃除に至るまで幅広い用途と利便性があり、万が一口に入っても危険性はなく安全なので、安心して使用できます。毎日のことだからこそ手軽に使えて安全性のある点がみりょくです。

食品工場の導入例

導入イメージ

食品工場の導入について

優れた除菌力で食中毒の発生を抑制
従業員の皆様の衛生管理に

微酸性電解水は食品添加物の殺菌料に指定され、食材の洗浄・殺菌に使用できます。
従来の洗浄・除菌よりも手順が簡単で殺菌効果が高く、なおかつ低コストなのが魅力です。
O-157やノロウィルスまで除菌効果を発揮するので、食品加工施設で優れた衛生管理が行えます。

飲食業の導入例

導入イメージ

飲食業の導入について

飲食店だからこそ、
「食の安全・安心」のために

不特定多数の人が集うパブリックスペースにおいては、従来する人数の増加に比例して菌との接触確率も必然的に高まります。
だからと言って、ある空間におて病原菌の保菌者を即時に特定し排除することは事実上不可能。
飲食業管理者にできうる現実的な対策は、その空間を最大限「清潔」に保つこと。
その要求に電解水の洗浄・除菌効果が応えます。また、電解水を使った掃除なら二度拭きが要らず、掃除の手間も省け、効率良い清掃作業が実現します。

お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

上へ